オーストラリア留学 現地リアルタイム情報 観光・お役立ち情報

【メルボルン】ヤラバレーのワイナリーツアーに行ってきた

2017.09.21
観光・お役立ち情報

2017年の6月にメルボルンのヤラバレー(Yarra Valley)へワイナリーツアーに行ってきました。ワイン好きには有名な場所です。

私は飲み専門なのでワインに全く詳しくないですが、ワイナリーツアーはワインの試飲だけでなく景色を楽しむことも出来るので参加してみることにしました。

Yarra Valley公式サイト(https://visityarravalley.com.au/)より

ヤラバレーのツアーは様々なツアー会社が運営しているようですが、私は前日の夕方というかなり直前の申込みだったのでインターネットですぐに予約できるサイトを探しました。

そこで見つけたのがviator(ビアター)というサイト。英語で申し込みましたが日本語サイトもあります。

 

viator.com

色んなサイトで探したところほとんどの会社が120ドルを相場としていましたが、コチラのサイトは値段も100ドルでした。日本の大手旅行会社だと倍に近い価格でしたのでviatorを見つけてラッキーでした。

 

市内に複数個所、ピックアップポイントがあったので最寄りのレンタカー屋さん前で待ち合わせ。ドライバーさんに挨拶してバスに乗りこむと10数名ほどのツアー客がいました。

 

日本人は私だけです。あとは皆さん50代、60代の方々で、アメリカやスコットランドから来ている方がいました。

このツアーの良さはワイナリー巡りだけではありません。

ツアーガイドが自らドライバーを務めているため、最初にメルボルン中心部でピックアップをしてもらうとそこからヤラバレーに向かう道中で様々な観光名所について説明してくれます。

王立展示館やフィッツロイのエリアを抜けてヤラバレーへと向かいます。

王立美術館

フィッツロイの街並み

途中からは市内の喧騒とはうって変わって自然豊かな山々を抜けていきます。ワイン畑やゴルフ場が沢山あるんですね。

このツアーではヤラバレーの4つのワイナリーを回ります。

Punt Road Winery,  Balgownie Estate,  Yering Farm,  Domaine Chandon

ワイナリーに詳しくないのですが最後に行くのはシャンドン。ここだけはギリギリ分かります(笑)

Punt Road Winery

そして最初の目的地Punt Road Wineryへ到着。

PUNT ROAD

のどかなワイン畑にひっそりと佇んでいます。建物そのものも綺麗でした。

ここではワインに関する説明を受けたり、テイスティングを行います。もちろん私は知識0なので旨いかマズいかしか判断できませんし、全部旨かった(笑)

ちなみにこの時点で午前10時。朝からワインを飲んだのは初めてかもしれない…。

 

Balgownie Estate

続いて2軒目Balgownie Estateへ。既に酔いが…。

こちらでも同様にワインの説明とテイスティング。

同じヤラバレーであっても作るワインはさまざま。長年のワイナリー経営の歴史の中で作るワインも変わっていったそうです。

どこも建物は新しくて綺麗な印象でしたが本当に長い歴史があるようで、先祖代々の経営というところもありました。

 

昼食はラム肉。もちろんワインと一緒に。

このツアーの嬉しいところは昼食があること。Balgownie Estateではレストランも併設されているため、ここでいただくことに。もちろんワインも。

 

Balgownie Estateの庭にはカンガルー。もちろんニセモノ(笑)

Yering Farm

3軒目はYering Farm。どうやらこのエリアでは最も古いワイナリーとのこと。葡萄だけでなくイチゴやリンゴなどの果物も作っているそう。

建物も一番年季が入っている感じ

それにしても、4軒のワイナリー巡りというのはどこでどんなワインを買ってよいのか判断に困ります。2軒目のバルゴウニーエステートで1本シラーズを購入したので、何となくもう1本は最後のドメーヌシャンドンで買おうかなと。

というわけで最後のDomaine Chandonへ。

Domaine Chandon

何というか、さすがにお金がかかっているなあという印象(笑)ここでは工場の中も見学させてもらえます。

そしてその後はテイスティングルームへ。

ここの雰囲気がとても素晴らしかった!あとスタッフがイケメンですので女性には嬉しい(笑)

ここではワイン片手にテラスへ出てブドウ畑を見ることが出来ます。

この景色が素晴らしい。天気は少し良くなかったですが、それも気にならないほど気持ちがいいのは酔っているせいかもしれません(笑)

外の景色。

あまりにものどかで、ボンヤリと外を眺めていたらカンガルーの親子がピョコピョコ跳ねてワイン畑を通過していきました。

今回は本物。とてもラッキーな光景を目の当たりにしたと思いましたが、続けざまにピョコピョコと現れ、結局8頭ほど見ました(笑)

この景色が忘れられません。日本では絶対に見れない光景です。

気分が良いので1本お土産を買って帰りました!

まとめ

メルボルンはオーストラリアの中でも南側にあるため、ケアンズやシドニーに比べるとなかなか旅行で行く機会が少ない場所です。

しかしもし時間がある方はぜひ訪れるべき場所ですし、ヤラバレーもぜひ行っていただきたいです。

最初は100ドルという金額も高いのか安いのかピンときませんでしたが、これだけ沢山のワインを味わいながら食事も付いて景色も楽しめるのですから、かなり安いのではないかと思います。

ヤラバレー周辺にはホテルもあり、ワイナリー巡りだけでなくハイキングやサイクリング、釣り、スパなど非常に充実しています。

私も何度も訪れたい場所です!

最新記事をチェックする

各種お問い合わせCONTACT

オーストラリア留学に興味のある方、説明会・カウンセリング希望の方、お気軽にお問い合わせください。

無料カウンセリング
お問い合わせはこちらから

メールからお問い合わせ
お電話からお問い合わせ0120-457-557