オーストラリア留学 現地リアルタイム情報 体験者の声

【ワーホリ】MiharuさんのBundaberg(バンダバーグ)ファームジョブ体験談

2017.09.16
体験者の声

今回は2017年にフィリピンセブ島にある語学学校CIAでの3ヶ月の留学を経てオーストラリア・ブリスベンに渡り、現在ブリスベン郊外のバンダバーグ(Bundaberg)でファームのお仕事中のMiharuさんに話を聞きました。

写真左がMiharuさん

現在の仕事はどのように探しましたか?

オーストラリアへワーホリに来る人の仕事探しは基本的に日豪プレスGumtree(ガムツリー)などのウェブサイトで情報収集したり、フェイスブックのコミュニティーを活用します。

それとは別に、実際に仕事をしている友人の紹介だったり、現地(仕事の現場)に行って直接交渉をするパターンもあります。

私の場合は日本からブリスベンに到着してバックパッカーホテルに泊まっていたところ、同じ宿に泊まっていた日本人男性と仲良くなりました。

彼は既に4ヶ月のファーム就労経験があり、これから以前働いていたファームへ仕事をしに戻るということだったので、彼に便乗する形で空きがあるか聞いてもらい、働けそうなのでついて行くことにしました。

どこでお仕事をしているんですか?

私は現在ブリスベンから北(ケアンズ方面)へ電車で5時間ほどの場所に位置するバンダバーグ(Bundaberg)という街でマンダリンオレンジを収穫する仕事をしています。

※バンダバーグは製糖産業(砂糖を作る)が栄えている地域なので、ラム酒の製造で有名。

Bundabergで有名なジンジャービール

 

Miharuさんが働くBundabergのマンダリン農家

 

仕事はどんなことをするんですか?

マンダリンオレンジのピッキングです。

スニッパーと呼ばれる大きなハサミを使って手作業で枝を切ってマンダリンを収穫します。

一見するとラクで楽しそうなんですが、全力でスニッパーを駆使して、ときにはハシゴを使って高い所にある枝を切って、たまにトゲが刺さって痛い思いをしながら2時間かけてようやく1箱1杯が出来上がります(笑)

これを1日で3箱作るまでピッキングします。1箱で3500個ほど入るので、3箱だと中のマンダリンは大体1万個ですね。

たまにスタッフ達を送り迎えするドライバーもやっていました。

 

ファームジョブの同僚たちと

 

就業時間はどれくらいですか?

基本的に月曜日から金曜日の朝9時~夕方5時まで働きます。

家からファームまで車で40~50分かかるので、朝7時半頃に家を出て帰宅時間は大体午後7時過ぎでした。

たまにファームの都合で早く終わる日もあります。

決まった休憩時間はないので、稼ぎたい人や遅い人は、休憩を取らずに仕事をしていました。私はトラクター移動の合間にマンダリンを食べていました。

 

賃金はどれくらいですか?

コントラクトジョブと言われる歩合制の仕事です。

1箱あたり48~75ドルもらえます。

毎週月曜日に口座に振り込まれ、ペイスリップ(給与明細)は翌日の火曜日にメール(PDF)で届きます。

時期や出荷量によって単価が異なり、私が働いていた7・8月の2ヶ月間でこれだけ変動がありました。私は1箱作るのに2〜3時間、1日平均120~150ドル稼いでいたので、時給にしたら約18ドル(約1,600円)でした。

 

職場環境はどんな感じですか?

私は韓国人のコントラクター(派遣会社)を通していたので、ワーカーのほとんどが韓国人でした。トンガ人、イギリス人、フランス人も少しいましたが、みんなフレンドリーだったのでいい環境だったと思います。また、スーパーバイザーのオージーも優しくていい人でした。その他良かったのは、マンダリンが食べ放題だったことです。

どのファームジョブもそうですが、必ずと言っていいほど筋肉痛・関節痛になります。私は寝返りが打てない、手で握りこぶしを作れない程度の痛みでした。マンダリンの木による擦り傷もたくさんできますが、気にしていたら仕事になりません。

ファームでの仕事は稼げますか?

ファームは天候やシーズンに左右される仕事なので、個人的には稼げると思わない方がいいと思います。私は来たタイミングが悪く、1ヶ月間仕事を待っている期間(ウェイティング)があり、その間も家賃と食費はかかっていたので、思いのほか出費がかさみました。

Miharuさんはセカンドビザを取るために最初にファームに来たんですよね?

はい。最初の職場では実質週4~5日の合計38日間働きましたが、ファームから貰ったデイカウントは48日でした。マンダリンワーカーは多めに貰っていましたが、どのファームも多めに貰えるわけではないのでラッキーでした。セカンドビザの申請にペイスリップ(給与明細)が必要になるので、必ず保管しておきましょう。

※オーストラリアでセカンドワーキングホリデービザを取るには最初の1年間で88日以上の季節労働(主にファームジョブ)をしなくてはいけません。

 

ファームで働く上での注意点はありますか?

ファームに到着してすぐに仕事が始められるとは限りません。ファーストビザの最後3ヶ月でセカンドビザを取りに来たのに、ビザが切れるギリギリまで働いたけど日数が足りずに帰った人もいました。セカンドビザも取れず、最後に旅行も行けず…。

そんな事にはならないよう、余裕を持ってファームジョブをすることをお勧めします。

 

まとめ

ファームの仕事も現場によって仕事内容も雰囲気も全く異なるようですね。

毎日フルーツを収穫するというのは楽しそうに見えますが実際はなかなか大変なこともあるようです。

またセカンドワーキングホリデービザを取得する際は色々と注意点もあるので気をつけましょう!

Miharuさんありがとうございましたー!!

最新記事をチェックする

各種お問い合わせCONTACT

オーストラリア留学に興味のある方、説明会・カウンセリング希望の方、お気軽にお問い合わせください。

無料カウンセリング
お問い合わせはこちらから

メールからお問い合わせ
お電話からお問い合わせ0120-457-557