オーストラリア留学 現地リアルタイム情報 体験者の声

留学失敗からワーホリ後にTOEIC900点以上になった私がワーホリ中に英語力を伸ばすためにしたこと。

2018.01.08
体験者の声

ワーホリに行く目的は様々ですが、みなさん少なからず英語力を伸ばしたいと思ってますよね。

私がワーホリ経験があると話すと、「じゃ英語ペラペラでしょ?」と必ず聞かれるように、中にはワーホリに行けば自然と英語力がUPする!と思っている方もいるのではないでしょうか?

オーストラリアで短期留学の失敗経験 & 2年のワーホリ経験がある私が断言します。

海外やワーホリに行くだけで、自然に英語力が伸びることはまずありません!!!

厳しい現実ですがワーホリ中の方も、これからワーホリに行く方もこれだけは覚えておいてください!

じゃどうすれば?という方に、私がワーホリ中に英語力を伸ばすためにしたことをご紹介します!少しでもみなさんの役に立てると嬉しいです^ ^

 

過去の留学の失敗経験&ワーホリ帰国後の英語力

私には過去に海外留学の失敗経験があります。

21歳の頃、1ヶ月オーストラリアでホームステイをしながら短期留学経験がありますが、全くと言っていいほど英語力は伸びませんでした。

それは私がいつも日本人と一緒に日本語環境で過ごしていたからです。

そんな私が29歳から2年間のワーホリから帰国した時には、TOEIC915まで英語力を伸ばすことができました。

 

英語力を伸ばすためにワーホリ中にしたこと

  1. まずは目標を決める!
  2. 日本人がいないシェアハウスに住む!
  3. 生活の中から日本語をなるべくシャットアウトする!
  4. ランゲージエクスチェンジでネイティブと本気の勉強!
  5. 英語で独り言を言う!自習!

※全くの英語初心者だった私は、基礎的な英語力をつけるためワーホリ前にフィリピン留学に5ヶ月行きました。

フィリピンで基礎がつき、自習の仕方がわかっていたため、オーストラリアでは2校、計7週間しか語学学校は行ってません。

英語初心者の方は3〜4ヶ月は学校に通うのがおすすめです。留学期間中に効果的に英語力を伸ばすため、渡航前には基本的な文法や単語は勉強しておきましょう!

 

1.まずは目標を決める!

私はTOEICの点数など具体的な目標は設定してなかったのですが、いくつか決めていたことがあります。

まずはギリホリで行くからには、以前と同じ留学の失敗は繰り返さないこと。

次はワーホリ経験があり英語がペラペラの友人を目標に、ワーホリ期間は英語環境で過ごすこと。

最後はフィリピン留学で、私と同じく初心者だった台湾人のルームメイトとの約束。

お互い英語が話せるように絶対なること。

この3つは絶対に達成しようと決めていました。

 

2.日本人がいないシェアハウスに住む!

シェアハウスは入居時に日本人がいないことを条件に探していました。

2年のワーホリの中で、オーストラリア、イギリス、アメリカ、カナダ、韓国、台湾、中国、タイ、インドネシア、スペイン、フランス、ドイツ、コロンビア、ブラジル、スロバキアなど様々な国籍の人たちと生活しました。

海外の人はみんなフレンドリーで良く話しかけてきますし、生活する環境に日本人がいないと英語を使わざるを得ない環境です。これは特に日常会話の英語力のUPに効果的でした。

日本人が好む家は、後から日本人のシェアメイトが入ってくることも良くありましたが、その日本人も英語に対する意識が高い人が多く、一緒に勉強することもありました。

台湾人、スペイン人、フランス人のシェアメイト達

3.生活の中から日本語をなるべくシャットアウトする!

上の2.に共通する部分もありますが、他にも日本人がいない or 少ない職場での仕事や、なるべくテレビのニュースを見たり、英語の字幕付きで映画やドラマを見たり、とにかく日本語が入ってこない環境で過ごしていました。

あとは日本人同士でも英語オンリーで話す、メッセージするルールを友達と決め行なっていて、その友達は帰国後から2年経った今でも英語でLINEをしています。

帰国後は難しい日本の言葉が思い出せないほど、2年間日本語から離れて暮らしていました笑

 

4. ランゲージエクスチェンジでネイティブと本気の勉強!

ランゲージエクスチェンジ(言語交換)とは、自分の話せる言語を教える代わりに、習得したい言語を教えてもらうこと。

オーストラリアではランゲージエクスチェンジのイベントも多く、バーなどで大勢の人が集まり頻繁に開催しておりますが、本気で勉強したい場合は1対1で行うのがおすすめ。

出会い目的で近づいてくる人もいるので注意が必要ですが、勉強したいことや勉強歴などを質問すると、相手がどれだけ真剣かわかると思います!

私はカフェで週1ぐらいのペースで一緒に勉強をし、スピーキングの練習や、日記の添削などをしてもらっていました。

その相手とは最近もSkypeで一緒に勉強したりしています。

ランゲージエクスチェンジの記事はこちら

ランゲージエクスチェンジで知り合った、英語講師を目指すオーストラリア人のグループクラスにも参加したりしました!

 

5. 英語で独り言を言う!自習!

最後にやっぱり自習もかなり大切です!!!英語は勉強しないと絶対に伸びません!

私の自習の仕方はとにかく英語を話すこと。

その時のシチュエーションに合わせて、独り言を英語で言ったり、周りの人やテレビのフレーズをリピートしたりしていました。

言いたくても言えないことは、アプリ「Real英会話」や電子辞書、グーグルで検索し、それもリピート。

あとはフィリピン留学時の文法書English Grammar inUseや、日本から持参した参考書を使用し、とにかく空いた時間に勉強してました。

参考書を持っていない場合は、図書館にいくと様々な参考書が置いてあります。本屋さんでも購入可能。オーストラリアで入手できる文法書では、私も使用したGrammar in Useシリーズがおすすめです。

日本の参考書はシドニーの紀伊国屋書店で購入できますが、かなり高いので日本から持参しましょう!

アプリReal英会話の記事はこちら

文法書Grammar in Useシリーズの記事はこちら

 

まとめ

みなさんもワーホリ帰国後には必ず、「ワーホリ行ったなら英語ペラペラでしょ?」と聞かれます笑

その時にみなさんが自信を持って「これだけできるようになった!」と言えるよう、少しでも参考になると嬉しいです!

オーストラリア留学説明会のご予約はコチラ

留学のお問合せはコチラ

最新記事をチェックする

各種お問い合わせCONTACT

オーストラリア留学に興味のある方、説明会・カウンセリング希望の方、お気軽にお問い合わせください。

無料カウンセリング
お問い合わせはこちらから

メールからお問い合わせ
お電話からお問い合わせ0120-457-557