オーストラリア留学 現地リアルタイム情報 体験者の声

【体験談】ブリスベンのGreystone Collegeでマーケティングを勉強してみた

2022.03.20
体験者の声

こんにちは、オーストラリア留学アカデミーの留学カウンセラーまりなです!

オーストラリア留学というと、語学留学や大学留学が主に知られていますが、仕事に役立つ専門的な知識や技術を身に着けることができる専門学校留学があるということをご存じでしょうか?

このような専門コースをVET(Vocational Education and Training)と呼び、州立の学校TAFEとその他私立の専門学校があります。

専門学校について調べるとコース内容などはでてくるものの、実際どのように授業が行われているかなど詳しい情報は多くないと思います。

私が専門学校に行くと決めたときは実際の情報が少なく通うまで少し不安もありました…

ここで少し私の自己紹介をさせていただきます。

私は留学、ワーキングホリデーを含め合計で3年オーストラリアに住んでいました。

当時外国語大学に通っていた私は1年の交換留学を終え、もう少し英語を使って生活しながら語学力をのばしたいと思い2年休学!

ワーホリでインターンを経験、その後マーケティングに興味を持ちブリスベンの専門学校で学ぶことに決めました。

ここでは、1つの例ではありますが、ブリスベンのGreystone Collegeマーケティングコースがどのようなものであったかということを、実際に学校に通った私の体験を踏まえて紹介したいと思います。

マーケティングコースとは?

私はオーストラリアのブリスベンにあるGreystone Collegeにてマーケティング、Certificate IV in Marketing and Communicationのコースを受講しました。

このコースでは、ビジネスにおけるマーケティングの役割として役立つノウハウを身に着けます

わかりやすく説明すると、どこの街にでもカフェが多くある中で必ず人気店というものがありますよね。

では、その人気店は他とは何が違うのでしょうか。それを分析することでお店を魅力的にするためのアイデアを考えたり、予算を踏まえお店をアピールする計画を立てたり、それを発表したり、そこにおいて必要な知識を学ぶことができるんです。

授業スケジュール

では、どのような授業スケジュールなのでしょうか?

ILSC公式ホームページより

こちらのタイムテーブルにある通り授業に行くのは週2日、時間を見るとPM1:15 – 9:00とありますが、実際に参加必須なのはPM6:00 – 9:00のレクチャー合計6時間のみ

先生や日によっては少し早く授業を終える日もありそこは自由な雰囲気です。

PASS/Assessment Essentialの時間は教室に先生がいるので、授業で分からなかったことを質問したり、課題の途中経過をチェックしてもらったりとアドバイスを受けることができます。

基本的に参加している人は少なく、課題の提出期限前に利用する生徒が多いです。

この時間外に週6時間のオンラインセルフスタディとカリキュラムに記載がありますが、ムードルという学校のオンラインシステムを通してスライドを見て進めるセルフスタディで自分の進め方にもよるので、実際週6時間もかからないと言えます。

授業内容、課題について

授業内容は2ユニットに分かれていて、各ユニットが終わるたびに課題を提出する形式です。

ユニットにもよりますが、2週間で終わるユニットもあれば、6週間かかるものなどもあります。課題は基本個人ですが、グループワークももちろんあります。

ふたつユニットをピックアップして紹介したいと思います。

★Apply marketing and communication across a convergent industry

このユニットではラジオやフリーペーパーSNS広告など、どのようなマーケティングツールがあるのか、どのような人をターゲットにツールを使うと良いかなどを考え、決められた期間や費用の中でどのように宣伝し集客するかについて学びました。

授業の中では、基礎的な知識を学んだうえで身近にどんなツールがあるか、そして何が効果的なのかなどを考え議論します。その後、課題として授業内で学んだ用語の定義を述べるクイズ、マーケティングプランを作成し提出、プレゼン発表がありました。

下が実際に私が提出したものの一部です…

実際に作成したプレゼンの一部、約10ページにわたりクラスで発表しました

★Create digital media experience

このユニットでは多国籍バーガーをテーマにグループワークでメニューを考えホームページを作成しました。

生徒同士でいいね!やコメントなどのリアクションができるページだったので、どうしたらアクセスが増えるか、リアクションを得られるかなどを考え、ハッシュタグを駆使するなど、実際に体感しながら学ぶことができました。

また、それだけでなくどのような顧客をターゲットに、何を目的にどのようなキャンペーンを行うか、それにデジタルメディアをどう活用するかをレポートにまとめました。現代ならではのデジタルメディアの学習だったので、とても身近で面白い内容でした。

期間と気になる費用

ILSC公式ホームページより

コースの期間ですがブレイクの長期休暇も含む約60週間なので、実際学校にいくのは48週間となります。入学金、教材費、学費込みで12,510ドル、高いと感じるかもしれませんが、語学学校に比べると比較的値段は抑えられます

学校自体は週2回、基本夜のみで他の時間は仕事をしている人がほとんどです。

私の場合当時ジャパレスでアルバイトをして稼ぎながら学費を支払っていました。1週間250ドルの学費なので月に1,000ドルあたりですが、オーストラリアの最低賃金は時給約19ドル、土日祝日は金額アップなどもあり1日8時間、週4くらいで働いて最低でも2週間(オーストラリアは2週間ごとの支払いが主流)で1200ドル以上は稼ぐことができます。

生活費、娯楽費に加えて学費分もアルバイトでのお給料で賄うことができるのです!ただ、自主学習や課題での学習時間も考えながら働かないと余裕がなくなってしまうので時間の使い方には注意が必要でしょう。

ぶっちゃけると、かなり苦労した!

上にある通り、私はマーケティングコースでかなり苦労しました

まず専門学校のコースはレベルでいうとCertificate I, II, III, IVと上がっていきその後ディプロマというさらに上のレベルがあり学ぶ内容もより深くなっていきます。ただ、入学条件はコースに関する知識ではなく、英語レベルによるものです。

私の場合、学びたい期間と英語レベルで見たときにIVが丁度いいと勧められIVからスタートしました。これまでにビジネスやマーケティングについて学んだことはなく、インターンシップでマーケティングに関わることで興味を持ちこのコースに決めたのですが...知識ほぼゼロで受講した私にはかなり難しかったです

「みんなどうしてこんなにビジネスのことをしってるんだ」これが授業初日に感じたことでした。

クラスメートは15人ほど、自己紹介を聞いていると、母国にてマーケティング会社で働いていた、今オーストラリアの企業にてマーケティング部門で働いている、母国で専攻がビジネスだった、Certificate I, II, IIIとビジネスを勉強して上がってきた、こんな風に既に何かしらビジネスを学んだ、マーケティング職に関わってきた生徒ばかりだったのです。

もちろん私のような子もいましたが、ついていけるかと不安は大きかったです。みんなが授業内で沢山発言したり、すごくいい案をだしたり、圧倒される毎日でした。とても優秀な起業家のドイツ人がいたのですが、その子がレクチャーをすることなんかもありました。

Greystone Collegeは他の学校に比べ課題がしっかりしていて、すごく学べる環境だという評判は当時聞いており、他で勉強したわけではないので比較はできませんが友人たちが通っていた学校よりかは学びが多い学校なのかなとは感じていました。

課題の進め方がわからないこともありましたが、そこは質問すればアドバイスをもらえますし基本テンプレートやインストラクションもあるので、どうにかなるんだな!とも思いました。ただ、課題の出来が悪いと再提出もありますし、期限がかなり遅れるとペナルティで50ドルほど支払って提出できるということもあります。

Greystone Collegeではここをもう一度勉強したい、難しくてわからないといった生徒のためにブートキャンプという特別講座が開かれたり、先ほども述べたPASSやAssessment Essentialでサポートしてもらえたりと学ぶ環境は整っているので、そこを最大限に活用するとよりよい学校生活が送れるでしょう。

私のアドバイスとしては、自分の英語力ではなくコースへの知識をもとに始めるレベルを決める、そして学校のサポートは活用するといったところですそうすればもう少し余裕を持って学べるでしょう。

余談ですが、私が通っていた当初はマーケティングコースをGreystone Collegeで始めたばかりで実際学校に通うのは34週間でした。そのころ34週間でこの内容は難しいのではないかということが議論されていたようでしたが、今は48週間に変わっているので、おそらくコース内容と期間を見直したのでしょう。

ここまで、ざっくりと体験をもとに話しましたが専門学校と言っても、学校やコースも様々です。仕事に役立つものばかりですし、コースによっては永住権につながるものもあります。実際にマーケティングを学んだ身としては、課題や発表が難しいと感じることもありましたが、それよりも実用的な授業内容がとても勉強になり学びが大きく行ってよかった!と感じています。

ちなみにGreystone CollegeはILSC語学学校の専門コースに当たるので、ILSCで語学を勉強した後にGreystone Collegeで専門コースを受けるのも良いと思います。

語学を学ぶだけでなく、専門的な知識をオーストラリアの専門学校で学ぶといった留学を考えてみるのもひとつではないでしょうか?

Greystone Collegeでの留学や専門学校留学に興味のある方、オーストラリア留学アカデミーでは実際に学校に通ったカウンセラーが留学相談、お申込みを受け付けております!もちろん語学留学やワーキングホリデーも対応いたします!

お問い合わせはこちら

最新記事をチェックする

各種お問い合わせCONTACT

オーストラリア留学に興味のある方、説明会・カウンセリング希望の方、お気軽にお問い合わせください。

無料カウンセリング
お問い合わせはこちらから

メールからお問い合わせ
お電話からお問い合わせ0120-457-557